看護師の求人募集状況

看護師の求人募集状況は、新卒一括採用を行なっている一般企業とは異なり年中募集しています。病院の中には、新卒の看護師しか採用しないところもありますが、一般企業の有効求人倍率が1パーセントあるかないかの現在、看護師は100パーセント就職できる程の求人があります。それだけニーズが高く、医療現場は深刻な人手不足なのです。

 

一般企業への就職難を背景に看護師の資格は人気が高まっており、准看護師も合わせるとかなり多くの人が合格しています。それにも関わらず、なぜ、人手不足が発生しているのでしょうか。実際に医療機関へ就職してみると、予想以上に仕事が大変だったことが原因で離職する人が後を立たないのです。離職後、違う医療機関へ転職を繰り返す看護師だけではなく、二度とやりたくないと完全に看護業界から去ってしまう人も沢山います。

 

インドネシアやフィリピンから外国人の看護師を受け入れる制度もできましたが、言葉の違いから、スタッフや患者と上手くコミュニケーションがとれず、まだまだ多くの課題が残っています。主な求人は、病院やクリニックですが、最近は老人施設や訪問介護ステーションの求人が多く目に付きます。常勤で採用を行なっている医療機関がほとんどですが、常勤イコール激務になる傾向があるので、二の足を踏む人も多くいます。看護師の求人で、唯一デスクワークとなる製薬会社のコールセンターの仕事も最近よく見かけます。購入した薬についての質問や、健康食品についての質問から健康相談を行なっているので、薬剤師の資格を持つ人と併せて、看護師の資格を持つ人も募集しています。雇用形態は派遣社員が多く、時給は都内だと2000円を越える場合もあります。