看護師の求人募集傾向

年々と向上、進化を遂げる医療技術に伴って、医療機関で働く人のスキルも高い水準が求められています。当然、看護師にも求められており、新人といえども初日からプロでなくてはなりません。いくら看護師の資格を持っているからといって、プロ意識のない人を雇う病院はありません。人手不足の解消を目的に、福利厚生を充実させた病院もありますが、志望動機がこれだけでは問題です。

 

教育制度のある病院の求人は、研修や勉強会が義務付けられており、専門看護師や認定看護師を目指すくらいの意気込みがある人材を求めています。また、都道府県によって募集の傾向に違いがあるのも看護師求人の特徴です。全国どこでも即戦力を求めていることは変わりありませんが、高齢者が多く住む地域ではお年寄りと違和感なくコミュニケーションをとることが出来る人材が求められています。

 

それと同時に、身体の自由がきかない高齢者を介助する知識が必要になるため、介護予防指導士やケアマネージャーの資格を持つ看護師は重宝されます。

 

近年、男性看護師のニーズも高まっています。求人募集の際に男女の性別を記載することは禁じられているので、看護師といえば女性しか応募できないと思いがちですが、実のところ男性看護師は多く求められています。蓋を開けてみれば、女性より男性看護師に来てもらいたかったという医療機関もあるのです。登録制の転職サイトには、非公開求人が多く集まる傾向にあります。

 

これは、信頼できる看護師を確実に紹介して欲しいという医療機関のニーズに応えるものです。