看護師の働き方を選ぶ

まだ何の経験もない新人看護師が、最初から働き方を選ぶことはあまり好ましくありませんが、復職を考えている潜在看護師は働き方を選ぶメリットがあります。

 

何らかの事情で、一旦は医療現場を去った経験を元に、自分のライフスタイルに合わせた働き方をすることによって、人手不足の医療現場に貢献することもできます。休診日明けは患者が多く来るので、その日はフルタイムで他の日は午前中のみ働いて欲しいというクリニックの場合、その要望に応えられれば、お互いにメリットがあります。

 

専門看護師を目指すために、病院を退職して大学院へ通っている人なら、夜勤専従の看護師として週数回のパート勤務をすることが出来ます。夜勤の場合は割増賃金があるので、学費や生活費の足しになる収入が効率よく得られます。夜勤だけにする生活なら、生活のリズムも整うので日勤と混在する働き方より賢い選択だといえます。

 

派遣の看護師なら、短期の雇用契約を結んで働き、その職場で長く働きたいと思えば、紹介予定派遣として契約期間満了後は正職員になることができます。逆に合わないと感じた場合は、違う職場に派遣してもらうことができるので、復職や転職者には適した働き方といえます。

 

注射や点滴が得意な人は内科クリニック、消毒や処置が得意な人は整形外科で働くと得意な分野が生かせるでしょう。働き方で悩んでいる人は、看護師専門の就職サイトを運営するコンサルタントへ相談すると、驚くほど様々な働き方を選ぶことが可能であることが分かると思います。